夫の仕事の不満での離婚の確率は〇〇

 

 

はい!たくみです。

 

 

 

最近問い合わせが多く、本当にありがとうございます!^ ^

 

 

 

やはりみなさん、人生を変えたい方には年齢は関係ないんだなと思います。

 

「離婚」の画像検索結果

 

『夫の仕事の不満が離婚につながる?!』

最近よく聞きますね。

 

 

 

私も会社員の時は奥さんと何度か話し合いになったことがあります。

 

 

 

結構本気の話し合いです。笑

 

 

 

こういった話は全国であるみたいです、

全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表しました。

 

 

 

まず、夫の仕事に対する不満があるかと聞いたところ

「不満がある」(回答率49.0%)

「不満はない」(同51.0%)

を若干下回る結果となった。

 

 

 

「不満がある」と回答した内訳を年齢別でみると

「20代」(同53.5%)が最も高く、

次いで「30代」(同52.0%)「40代」(同41.5%)の順となり、

40代においては半数を割っている。次に夫の年収別に不満の有無を集計したところ

 

 

 

「300万円以上400万円未満」(回答率62.3%)が最も不満が高く、

次いで「400万円以上500万円未満」(同55.2%)、

「500万円以上600万円未満」(同53.8%)

 

 

 

年収600万円未満の層において不満が過半数を超えた。夫の仕事に対する妻の不満は、年収400万円未満の低所得層と年収1,500万円以上の高所得層の家庭において高く、中間所得層の家庭において不満が低いことがうかがえる結果になりました。

 

 

 

不満があるの奥さんは半分もいるんですよ。

 

 

 

びっくりしました。笑

 

 

 

近年、離婚に関して「3組に1組が離婚している」「2分に1組が離婚している」などと言われ、離婚率の上昇が注目されている。

 

 

 

今回の調査結果において、夫の仕事に対して妻の約半数は不満をもっていることがわかり、そして妻の3人に1人が夫に転職して欲しいと思っており、10人に1人は夫の仕事が原因で離婚したいと思っていることが明らかになった。

 

 

 

最後に

 

夫の仕事に対する妻の満足度は「夫の収入」に大きく左右されており、平均水準以上の年収があることが必要。

 

 

 

それだけでは十分ではないということがわかりますね。

 

 

 

今回夫の勤務先に対して

「残業が多い」、「休みが少ない」、「土日休みではない」、「出張などで不在が多い」という項目の不満足度合いが高まっていることからも、家庭における家事や育児の時間が少ないことに対して、妻の不満が直結していることが見受けられます。

 

 

 

こういった内容があるので、ダブルワークや脱サラ、起業を私はオススメしています。

 

 

 

一番信用しているのは家族ですから。

 

 

 

みなさんもそうだと思います。

 

 

 

私は、親がいないので本気で子供と奥さんは大切にして行きたいです。

 

 

 

下記の友達追加からLINE@に登録ください!5秒でできます。

そしてメッセージに『ブログを見ました!』とご連絡ください!

 

連絡お待ちしております!!

友だち追加